ご挨拶経営理念品質管理社会貢献グループニュース 法人概要

グループニュース

2010年 お花見

平成22年4月2日(金)18時00分から、国花である「桜」が美しく咲き乱れる辰巳の森緑道公園で親睦会も兼ねた花見を行いました。

美しい夜桜を眺めながら、スタッフ同士が楽しく会話をして親睦を深め、お互いの日頃の業務を労いながらも当法人のこれからの発展についてディスカッションできるようなとても良い花見になりました。

花見会場では、設営スタッフが協力して桜が美しく咲く木の下に大きなブルーシートを敷き、みんなで円になるように座りました。みんなでビールを飲みながら、桜を静かに眺め、夜桜の美しさを堪能しました。

 

 

2次会の設営スタッフは、花見の途中で2次会会場に戻り、代表社員の指示の元、テーブルや椅子の設置から、食材の買出しなど、花見から戻ってくるスタッフのために急ピッチで準備を進めました。それは日常業務でのチームワークが垣間見えるような手際の良さでした。

 

 

また、代表社員の料理を作る指示は的確で、まるで料理教室で授業を受けているような感じでした。次々にできていく料理をスタッフが大皿、小皿に分けて、各テーブルに配り、2次会の会場ができ上がっていきました。

 

 

花見開始から1時間もすると、身体が冷えたスタッフが2次会の会場に入ってきました。まずは、みんなに暖かいスープとビールを配ると、自然と和気あいあいとした飲み会が始まっていました。みんなが一息ついたころに代表社員の挨拶と乾杯の音頭が行われて2次会が再度スタートしました。

 

 

 

あとは無礼講のようなもので、すべての参加者が料理を食べながら、ワイワイガヤガヤと楽しく会話して、笑い声の絶えないパーティーになりました。

 

 

そのまま、3時間ぐらい会が続き、最後に代表社員の締めの挨拶でお開きになりました。

このように当法人は、スタッフ同士が楽しみながらお互いに親睦を深められる行事を大切にしています。品質の高い業務を行うには、スタッフ同士のコミュニケーションがとても大切になってきます。

 

 

お花見という行事もその一つで、とても大切なコミュニケーションを作る場所になります。この度も代表社員が中心となってスタッフ同士の繋がりを強くする有意義な会を作り上げることができました。